Interview
漫画家・原泰久氏

NEWSPICKSで不定期におこなっている様々な先輩クリエーターたちと「ものづくり」の対話を交わす対談をこちらでも紹介いたします。

今回は、プライベートでも交流が深い、漫画家・原泰久氏。超大作にして爆発的ヒット作、中国の古代、春秋戦国時代を描いた『キングダム』(集英社・週刊ヤングジャンプ連載中)は、奇しくもいきものがかりのデビューと同じ2006年に連載を開始し、2016年に10周年を迎えた。
10年という長い歩みを経てたどり着いた互いの作品、そして、クリエイターとしての姿勢について、深く語り合う。

第1回:最初は「無邪気」から始まった
第2回:「売れ線」を作る難しさ
第3回:この世の中で、ひとつのものを作り続けるということ

第1回:最初は「無邪気」から始まった

10年という時間を振り返って

水野良樹(以下、水野) お久しぶりです。この対談は、僕がものを作っている方や人生の先輩方にお話を聞かせていただく企画です。

 

僕と原さんの関係性をご存じない方もたくさんいると思うので、まずはその辺りを少し。
週刊ヤングジャンプで今も連載が続いている『キングダム』という漫画がありまして。連載開始が2006年で、偶然ですが、僕ら「いきものがかり」のデビューと同じ年なんですね。
そんなきっかけもあるんですが、僕がとにかく『キングダム』のファンで、ツイッターなどで原さんに「ファンです」と送ったりしているうちにつながりができました。

 

『キングダム』は、今ちょうど「(主人公たちが)自国を統一する」という、大きな物語の前半部分に区切りがついて、次へ進んでいるところだと思うんですが、連載開始当初に思っていたことと、作品が世の中に広く受け入れられてからとで、原さんの中で変わってきたことはありますか?

 

原 泰久(以下、原) 僕は『キン肉マン』世代で、あの当時のジャンプ作品が次々に大ヒットしていくのを見ていたので、「それくらいの社会現象を起こすぞ!」くらいの心意気を持って連載を始めました。
最初はただ無邪気に描いていたので、無邪気ならではのパワーがありました。「これは絶対カッコいい!」とか「自分の考えは間違ってない」という思いを強く持っていたので、自分の気持ちを優先する部分は大きかったですね。
当初は、読者が求めるものを意識するよりも、ストーリー1話ごとをカッコよく終わらせることが、結果的に読者の共感を得られると思っていました。でも、売り上げにはつながらなかった。作品を世の中に出す以上、売れることの大切さは理解していたので、編集側からのアドバイスを聞きながら作り方を変えたり直したり試行錯誤しました。そうしていくうちに、いつのまにか読者につながっていった感じですね。

 

水野 でも、ご自身の中で「絶対面白いはずだ」と確信を持っているところからスタートしているのに、それはきつくなかったですか?「自分の気持ちに従うのが正しい」と思う作り手の方も多いと思うのですが。

 

 ある時点で、僕は圧倒的に絵がアマチュアだったと気づいたんです。話が面白ければ読者も喜ぶはずだと思い込んで、絵に比重がいってなかった。そのとき井上雄彦先生に絵についてのアドバイスをいただきました。「絵と話、セットで成長しないといけないんだ」と気づいてから変わりましたね。
この10年を振り返って気づくのは「ああ、自分は1歩1歩上がっていかないとできないタイプなんだな」ということです。

 

初対面の日。「どうやったらヒットしますか?」

水野 初めて原さんにお会いしたのは、確か前半の重要なキャラクターである王騎が作中で死んだ後くらいでしたね。
その頃キングダムはもう人気漫画になり始めていて、僕は「原先生に会える!」と喜び勇んで会いにうかがったんですよ。そうしたら突然「どうやったらヒットしますか?」と聞かれて、とにかく驚いたのを覚えています。
あれだけヒットが叶っていたときなのに「まだまだ」とおっしゃっていて!

 

 いや、そりゃ聞きたいですよ!いきものがかりさんがもうベストアルバムを出したりしていて、すでにトップを走られていましたから。

 

水野 あの頃、原さんの中では「もっと受け入れられるはず」という思いがあったんでしょうか?

 

 それは今でもありますね。今連載している物語はまだ半ばで、120分映画で言えば半分ちょっとくらいのところですから。後半の盛り上がりはこれからですし、もっと多くの人に楽しんでもらえる、もらいたいと思っています。

 

水野 まだ盛り上がりますか!

 

最初の頃から比べるとかなり読者の方が増えていると思いますが、作品を「商品
として見る目ってお持ちですか?

 

 そこはまったくないかもしれないです。
ただ、読者が増えると女性のファンも増えてきて、人気のキャラクターが「キャー!」なんて言われると、つい艶っぽく描きたくなることはあります(笑)。
でも、奥底の部分は一切揺らがずにきていると思います。僕はまだ無邪気かもしれませんね(笑)。

 

水野 原さんの無邪気さは伝わってきます。

 

仮に作品をビジネスだと捉えて、それだけに突き進んでいくと、読者を見失うのではないでしょうか。
もしも原さんが無邪気さを失ったり、作品としての何かを失ったりすると、逆に読者が離れるんじゃないかなと。僕も作品づくりでそれを感じることがあります。

 水野さんも作詞されるときって、かなり深く考えてらっしゃいますよね。

 

水野 広がるように広がるように、いろんな解釈ができるように…というのはすごく考えて作ってます。たとえば「ありがとう」という言葉はとても短いんですが、短いからこそ受け取る人の心に寄り添って意味を広げることができるので、そういう点を意識しています。

 

 それは最初からですか?

 

水野 僕も最初はただ無邪気に曲を作っていましたね。曲を書き始めた高校生ぐらいのときはCDが全盛期の時代でヒットソングがいっぱいあって、「あのヒットソングみたいなものを書きたい」、そういう純粋な憧れで書いていましたから。

 

 では途中から、プロとして「広げる」ために何がきっかけで言葉を減らしていったんでしょうか。

 

水野 僕の中で大きかったのは、歌う人が女性だったことです。
10代の頃は自分が抱えている闇の部分を書きたい気持ちや、思春期にありがちな「世の中を変えてやるんだ!」という血気盛んな部分があったんですけど、たまたま組んだら、まあ牧歌的なグループで(笑)。
いざこの世界で本気でご飯を食べようって思い始めた頃に、ハタと気づいたんですよ。「女の子のボーカルで、自分は何を書けばいいんだろう?」って。

 

たった1人の秘密につながるロマン

水野 一番男性としてモテたい気持ちの強い20歳ぐらいの時期に「コイスルオトメ」という男性の心情とは真逆の女性の恋愛の曲を書いたんです。10代の女の子の気持ちなんて自分から離れすぎててまるでわからなかったし、オトメの気持ちなんて書くのがものすごく恥ずかしかったんですが、事務所のスタッフに「女の子のボーカルだから女性の曲を書きなさい」と言われて。半ばやさぐれて書いたんですね。
そうしたら、女の子のファンが「なんで私の気持ちわかるんですか」と。
そこに驚きと喜びを感じました。

水野 見知らぬ女の子の、お父さんにもお母さんにも、友だちにも言ってないような秘密に自分の曲がつながるなんて、なんてロマンがあることなんだ!と思って。
吉岡という女性ボーカルが歌ってくれたおかげで、曲にはそういうつながり方があるんだと気づくことができました。
そこから意識的に自分から離れて、「広がるものへいきたいと思うようになりましたね。

 

 じゃあ10代の「世の中を変えてやるぜ」という水野さんは、もういないんですか?

 

水野 いないことはないですね。完全に我をなくして商業人として無心に書くということはないです。
何も熱を入れずに手先で書くと全然ダメで、やっぱり何か主体がないと伝わらないという感覚がありますから。

 

 商品として作品を捉えすぎると、視点が変わってしまいますからね。

 

僕の場合だと、「読者が増えたからこうしなきゃ」という考えで売れるほうに一気に方向転換すると、多分その1~2週は面白いかもしれないですけど、10話、20話と重ねていくうちに逆に読者が離れていってしまうと思います。
読者の視点を全く考慮しないと独りよがりになるのでそれも良いことではないんですが、読者の期待に応えながらも、揺るがない本質を持ち続けるのが大切だと考えてます。

 

水野 半開きぐらいがちょうど良いのかなと思いますね。それも、微妙に35度くらいの。

 

 はい。主体性と客観性のバランスですね。

 

水野 閉じすぎて自分だけの世界で終わらないために、忘れてはいけないのが、作品を通じた受け手とのコミュニケーションなんですね。

第2回:「売れ線」を生む難しさ

作り手のエゴと受け手に求められるものとの頃合い

水野良樹(以下、水野) いきものがかりは時々「売れ線だ」と揶揄されるんですが、売れるって実はそんなに簡単じゃないですよね。

 

原 泰久(以下、原) 「売れ線」っていう言葉は悪く使うのがとても簡単な言葉ですね。でも本当に売れる作品って作ろうと思っても、当然誰でも作れるものじゃないんですよ。
僕が最初に聞いた「どうすればヒットするんですか」というのは、まさにそれです(第一回参照)。
多分、読者はシンプルな漫画の構成は簡単に作られてると思ってるんですけど、わかりやすくシンプルにするために要素をカットするのは、複雑にするよりずっと難しい。

 

僕は、物語を混み合ったものにして盛り上げるのは得意な方だと思ってます。でもそれを毎週毎週の18ページの連載に盛り込むと、読者には読みにくいし伝わらない。
だからわかりやすく伝えるための要素を「抜く」作業が必要なんです。これが本当に大変ですね。スカスカになってもいけないし。

 

水野 その通りですね。作り手のエゴと、向こうから求められるものとの頃合いっていうのがわからなくて。

水野 「ありがとう」のときは、なんて平たい曲を、それこそスカスカの曲を作ってしまったのかもしれないと不安だったのに、それがヒットしたんです。
歌のなかに「自分」があるかないかわからない曲なんですが、自分を詰め込みすぎなかったからこそ、いろんな要因を含めることができていたんですね。そのおかげで聴いてくださる方とコミュニケーションを取ろうとする姿勢が伝わったのかなと。

 

キングダムの物語の中でも、たくさんのキャラクターが個々に主張していますが、全体としては答えがないですよね。そこにヒントがあるように思えます。
実際にはキャラクターたちが主張をぶつけ合って、戦国時代の物語なので殺し合いになってしまうわけですが、その主張のぶつけ合いが実はとても大事だと思うんです。

 

今の世の中「それも正しいよね」「これも正しいよね」って言い合うことが当たり前になって、「君は君で好きなようにやっていいよ」「でも僕には関わらないでね」というスタンスを持つ人が増えてきている。でも本当は、そこでお互いの正義をすり合わせるのが大事で。
一番理想的なのは「正義と正義」の狭間にある、互いが許せる妥協点を見つけて、共に次の時代に行くということじゃないでしょうか。そのためには、主張し合わないと前に進めないんですよね。一緒に新しい時代を生きていかなきゃいけないわけですから。

 

「狙い」すぎないこと

水野 作品作りにもそれは通じていて、「君はそう思ってるんだよね」って言い合って、それに合わせていくだけでは何の解決にもならないし、結局人に刺さらないと思うんです。
作り手側にある「何か」と、受け手側にある「何か」がぶつかるものが作れたときに、作品として、エンターテイメントとしての面白さが出てくるのではないかと感じています。

 

 それを歌でやろうとしてるんですか?すごい話ですね!

 

水野 原さんも「最初は無邪気に描いていた」とおっしゃっていましたが、キングダムが大ヒットした今、作品を生み出すときにはまずご自身の「思い」ありきでしょうか。それとも読者を想定してから物語を作られているんですか?

 

 僕はまず「自分」ですね。
頭の中で、アニメを見るような感じで1回見るんですよ、一通り。映画館に行って見るような感じです。

 

水野 頭の中でですか!では最初の読者がご自身ですか?

 そうですね。完全に動画で見て、感極まるくらいまできちんと整ってから描くので、他人がどう思うかの前に、単純に自分1人が楽しんででき上がってます。

 

水野 それを形にするときに読者を意識し始めるんでしょうか?

 

 「面白い!担当編集に教えよう!」と思って、ネームと呼ばれる絵コンテを描くんですが、動画を静止画にするので、そこで読者の目線を意識しますね。わかりやすく見せるテクニックが必要になってくるんです。

 

水野 最初その動画で見たときを100としたら、静止画にするときに狭まるんでしょうか。

 

 狭まりますね、どうしても。

 

水野 僕もメロディを書くとき、たとえばサビが何小節か浮かんだときが、一番快感がある最高の瞬間なんです。生まれたてのメロディはすごい可能性を持ってて、頭の中で大名曲になってるんですね。もう想像上では「100万枚売れてる!」くらいの(笑)。

でもカタチにしていく作業の中で、その感動がどんどん狭まっていくんです。
これをどれだけ狭めないで聴く人に伝えられるかが、自分の技術の試されるところだなと。

 

 そこはまったく一緒かもしれないです。
担当に電話で「こうなるよ」と伝えて「面白いですね!」と返ってきても、いざネームを描いて送ると「なにか違いますね」なんてことがあります。
以前の担当編集は「打ち合わせで盛り上がったときが一番ヤバい」と言ってました。

 

曲は器。聴く人の心を入れてもらいたい

水野 先ほどの「読者を想定する」という話をすると、僕も曲を作り出す瞬間は「聴く人をこんな気分にさせたい」という自分の根源的な欲求がスタートです。
そのためにはどんなメロディや言葉が良いだろうか、というふうに考えて進める。聴く人が何を求めているかということを意識します。

 

たとえば、東日本大震災が起きる前と後では言葉の受け取り方が違ってて。同じ「明日」という言葉でも、聴き手の感情の状態が違えば当然アクションも変わりますよね。
「この人を泣かせたい」のか「笑わせたい」のか。それがつながって大きくなると「世の中をハッピーな気持ちにさせたい」ということにもなっていく。

 

 メロディはそこから生まれるんですか?
何もない無音の状態から、どうやって生み出すんだろうと不思議でした。

 

水野 動機みたいなものはありますね。
よく、「いきものがかりの歌はメッセージソングじゃない」と話しているんですけど、「自分がこう思ってます」というメッセージを歌にして聞いてもらうだけでは、何も解決しないと思うんです。
曲は器だという話を時々するんですが、器になれたら、聴く人が感情を入れてくれて、歌がその人のものだと思ってもらえるんですね。
でもそこには裏のテーマがあって…。
感情って水みたいに形がないですよね。もし水がペットボトルに入っていたら、飲む人はそれを手でつかんで口に持っていかないといけない。

 

それがティーカップなら、指でつまんで飲まないといけなくなりますね。器の形がその人の動きに影響しているわけです。

 確かに、(器が)刺々しいものだと持ち方も変わりますね。

 

水野 1人ひとりが持っている親への感謝や、恋人への好きという気持ちを、たとえばいきものがかりの曲を聴いた気持ち、その「器」で考えるようになるということは、その人の考え方に知らず知らずのうちに影響を与えることになると思うんです。
それが世の中を変えることにつながると。

 

これは意外と難しい話じゃなくて、いろんな時代でヒット曲と呼ばれたものって、当時の恋愛観に自然と影響を与えているんですよね。たとえば有名な、DREAMS COME TRUEさんの「未来予想図Ⅱ」での「ブレーキランプ5回点滅/ア・イ・シ・テ・ルのサイン…」の歌詞には、「恋愛ってこういうものなんだな」と感じさせられるものがある。
この曲をメッセージソングだと思う人は少ないかもしれないけど、実際には世の中に大きな変化を与えていると思うんです。

 

 その話、素晴らしいですね。僕との対談じゃなくてもっと大きなところで発表されると、ものすごい反応があるのでは(笑)。

 

水野 キングダムもそうじゃないですか?戦争の話ではありますが、そこに存在する人を全部含めて描き切るわけですよね。

 

 キングダムはものすごく具体的ですけどね。
僕はあえて現代人の感覚で描いているんです。時代劇として描くと読んでいて距離感が生まれてしまうので、それを避けたくて。

 

水野 阿久悠さんが歌詞を書いた「また逢う日まで」(*1)という歌があって…。
当時の恋愛の歌はどちらかに未練があって、多くは女性が置いていかれて男性が出て行く、女性はいつも我慢している、というものが多かったのに、阿久悠さんは「また逢う日まで」で、対等な2人を描いたんですよ。「ふたりでドアをしめて/ふたりで名前消して」って。
その当時では画期的な恋愛観だったんですね。

 

でも本当は、表に出ないだけで、その時代にも対等な恋愛はあったと思うんです。
それを歌にすることによって、そういう恋愛像を多くの人が認識するようになって、男女の関係性を変えていった。そこにとても憧れます。
キングダムにも共通するものを感じます。大変な生みの苦しみがあることは百も承知なんですが、その影響力は羨ましくさえありますね。

*1「また逢う日まで」…1969年にCM用に作られた音楽で、何度か歌詞を変えてリリース。最終的に阿久悠が書き直した歌詞で1971年3月、歌手・尾崎紀世彦の2枚目シングルとして発売。のち、累計100万枚を超える大ヒットとなる。

第3回:この世の中で、ひとつのものを作り続けるということ

急激に変化する社会情勢に「キングダム」がつながっている

水野良樹(以下、水野) キングダムは、若い主人公「信」と「嬴政」(*1)とが中華統一という大きな目的のため、他国を滅ぼしていくという歴史的事実に基づいていますね。
連載開始から10年以上経った現在の状況が、不思議とキングダムが物語にしなきゃいけないこととリンクしているように感じるんですが。

 

原 泰久(以下、原) まさにそうです。
先日中東で化学兵器が使われて(*2)、子どもを水でバシャバシャ洗ってるニュースが流れて…あれは参りました。
結局、被害を受けるのは一般人の、特に子どもたちで。今ちょうど、秦に侵攻される敵国の将軍・李牧の側の物語も描いていますが…侵攻される側の民の様子なども描かなくてはいけないので、エピソードの終盤に向けて本格的にきつくなりそうです。

 

水野 前半は、「信」というキャラクターの成長物語に共感する人が多かったと思うんですが、だんだんと社会情勢につながるような、また今までと異なるテーマが共感のポイントになってきていますね。

 

 もともと、戦争を描くと決めていたので、いよいよ本題なんです。
テーマは変えませんが、そういうものを求めていない読者の方もいらっしゃると思うので、その人たちにもちゃんと受け入れられるものでなくちゃいけない。エンターテイメント性は一番に持っていたいです。

 

「中国4000年の歴史」と言って、キングダムの世界より2000年前から歴史があって、そこから後の2000年が僕たち。
春秋戦国時代はおよそ500年ですが実はその前も戦乱期を繰り返しています。作中では分かりやすく500年というキーワードを使っていますが、僕の中では嬴政は気概を持って、前半2000年の戦争状態をなくすために中華統一を目指す。実際、歴史的には武力統一するんです。
そして2000年後の今、世界はどんな状態ですか?という、シンプルな問題提起につなげていきたいと思っています。

戦争は絶対に肯定してはいけないけれど、歴史的に見たときに人の営みにずっとついてきているものでもある。今の日本人は、どこかその事実から目を反らしている気がします。

 

ミサイルが自分に実際に飛んでくるとは思っていなかったり…それは多分、長い歴史から見るとハッピーな時代ではある。
しかし戦いとは、終わってはまた始まる、それが繰り返されています。
そこにいろんな見方があるということ、「戦争と人間」みたいな答えを、全体で描きたいんです。

 

水野 原さんがよくおっしゃっている「群像劇」ですね。
普通は漫画って、主人公が正しいと予測できるはずなのに、キングダムは違う。嬴政が呂不韋というライバルと対峙して「国は、未来は、どうあるべきか」という壮大なテーマを話し合うシーンで、現代に生きる自分たちは、呂不韋の言葉に頷いてしまったりするんですよ。主人公の言葉に疑問を感じる自分がいる。
ここに「ひとつ」が答えじゃない、という原さんの意識的な視点が用意されているのだなと。

 

 確かに、戦争をなくすというテーマで主人公が動いているけど、いろんな正義が複雑に絡み合っているわけで、答えは多分誰も持ってないんです。
当然僕も持っていない。僕なんかが正しい答えを持っているなら、とっくにこの世から戦争はなくなっている。だから、いろんな視点から描こうと考えています。

 

水野 全体で答えが立ち上がってくるんですね。
戦争を直接見られなくても、この漫画を読むことで考えるヒントを得られる気がします。

 

 最終巻が出たときに「ああ、こんなのを描いてたんだ」とやっとわかるようになるんじゃないかな。そこは僕もまだわからないですが、群像劇を長くじっくりと描けるのは漫画の大きな武器ですね。

 

寄り道で人間力が磨かれる

 数年前かな?水野さん、僕に「このままじゃいけない」と言われてましたよね。
そのときは深くはわからなかったんですが、その後お互い10周年を盛り上げて、翌年に「休む」って聞いたとき、すごい行動力だと思いましたよ。

 

水野 いつかは一旦、時間を置く機会を取らなきゃならないという意識があって。

 

 メンバーみんなの思いだったんですか?

 

水野 そうです。
ただ、止まるとネガティブな感じに受け取られがちなので…必要なことだけど、きれいなやり方が見つからなくて悩んだりしてました。
いろんなこと想像して、整理して区切りをつけたら、ちょうどあの時期になった感じです。

 

 「放牧」っていう言葉は絶妙でしたね。

 

水野 吉岡がいい具合に思いついてくれました。

 

 この放牧期間は水野さんの人生でどの辺のステージですか?

 

水野 後になってみないとわからないですけど、必要な時間だと思っています。
幸運なことに、ひとつのグループでしかやってこなかったので、そこで得られたものもあれば、多分、得られなかったものもあって。
グループという屋台骨を離れて、1人で何ができるの?と問われる厳しさの中で、経験できることを求めてるんだろうと思います。

 

「何もなかったです」ということになるかもしれないし、「牧場から離れたら、こんなものがあったよ!」と持ち帰れるかもしれない。そうありたいです。

長い人生で考えると、やっぱり楽しいほうがいいですからね。funnyという意味じゃなくて、ワクワクするとか、「ああ難しいなあ。なんとか乗り越えたいな」という気持ちを持っていたいんです。

 

 なるほど。
僕は一度サラリーマンをしてるんですが、結果的に、あの経験がなかったら確実にキングダムみたいな漫画は描けていないんですよ。
「人間力」って僕はよく言うんですが、大学生の頃の僕はものすごく人間力が低くて。仮にそのままうまく漫画家になれたとしても、キングダムみたいな熱量のある作品は描けなかったと思います。学生時代に掲載していただいた読み切りでは結果が出ませんでしたし。

それで、「働きながらデビューできればいい」と思って就職しました。
仕事が忙しくなって漫画どころじゃなくなり、半年間ペンすら持てない時期もありましたが、先輩や上司、仕事内容に恵まれて、それはそれですごく充実していたんです。
でも、年に2回くらい、すごいトラブルとか起きるんですよね…2ヶ月ほど本当に記憶がないくらいの。周囲に多大な迷惑をかけながら、また守られながら何とかトラブルの対処をしました。
そういう経験をした後、タフになったのかな。地に足がついた自信が持てました。そこで人間力が上がったんでしょうね。

 

生きてる作品を作り続けたい

水野 キングダムは長い物語ですが、止まりたくなる瞬間はないですか?

 

 逆ですね。1週でも早く、きれいに最終回を迎えたいです。

 

水野 え?!その後どうするかは…。

 

 映像にも興味があるし、描きたい物語はたくさんあります。キングダムが予想以上に長くて他のことができませんが、描いている間にも、やりたいことは出てきます。

水野 ひとつの作品をずっと作り続けていくのは大変でしょうけど、新たなものを作り出す原動力にもなっているんですね。
僕がこんなことを言っては生意気かもしれませんが、ひとつの作品に集中しているのは作り手として「あるべき姿」に見えます。カッコいいです。

 

 ありがとうございます。僕は水野さんがこの先どこへ向かうのか、にとても興味があるのですが。

 

水野 生きてる作品を作り続けたいです。
同じようなものをプラモデルみたいに作って商品として売り出したら、買ってくれる人はいるかもしれませんけど、作り手としては死んでると思うので。

 

 言葉は悪いですけど、流せばできますもんね。

水野 そう、そうなんです。それはしたくない。
流行りものでも長く残るものでも、世の中に受け入れられる作品は、そのときの社会の状況とうまく噛み合っていると思うんです。
阿久悠さんが、「社会学者みたいに時代をよく見て、今何が求められているか考えながら書く」とおっしゃってました。
それを1編の歌にするのは難しくも楽しくもあるんですが、いけるところまで書き続けて、アクションを起こし続ける人でありたいです。

 

 それは僕も同じですね。怠ければ「これくらいでいいか」とできるけど、それをやるとダメですから。

水野さんたちは、それを良しとせずに放牧を選んだ。その行動力はやはりすごいです。

 

水野 今、すごく幸せだなとは思います。
悪いことじゃないんですが、グループだと考えないといけないことが曲作りの他にもたくさんあって。今は「曲を作る」「文章を書く」というひとつひとつの作業に純粋に集中して、苦しむべきことに苦しめているので。
この先また世の中の動きを受けて、作品が変化する可能性もありますけど。

 

 周りが変わると、自分の考え方も変わりますからね。
僕も、10年後はどうなってるかなあ。社会情勢によっては連載どころじゃなくなっているかもしれないし。

 

水野 そういう意味でキングダムは社会とのキャッチボールができ上がっている「生きている作品」ですね。だからこそ、歴史物ですでに答えがわかっていても読者の興味が尽きずに、ずっと生き続けていくのだと思います。最終回が楽しみです。

 

 もし最後まで描けなかったら、死ぬ間際に水野さんに電話して全部伝えますよ(笑)。

 

水野 そんな重要な電話、僕じゃ受けられないですよ(笑)!

 

今日は貴重なお話をたくさんおうかがいできました。本当にありがとうございました。

 

 こちらこそ、ありがとうございました。

*1嬴政(えいせい)…後の秦の始皇帝。「信」と並ぶキングダムの主人公の1人
*2 …2017年4月のシリア北西部ハーン・シェイフで起きた化学兵器攻撃

水野良樹(みずの・よしき) 
「いきものがかり」のリーダー、ギター担当。1982年、静岡県生まれ。5歳より神奈川県で育つ。1999年、高校生のときに現メンバーの山下穂尊(ギター&ハーモニカ)、吉岡聖恵(ボーカル)といきものがかりを結成。明治大学中退、一橋大学卒業。2003年にインディーズ・デビュー。06年にエピックレコードジャパンからシングル「SAKURA」でメジャー・デビューした。
原泰久(はら・やすひさ)
漫画「キングダム」作者。1975年、佐賀県生まれ。九州芸術工科大学(現・九州大学)卒業。プログラマーを経て、1999年、第40回ちばてつや賞ヤング部門・準大賞を受賞した「於兎松」にて漫画家デビュー。2006年、「週刊ヤングジャンプ」にて「キングダム」の連載を開始し、同作は2013年に第17回手塚治虫文化賞・マンガ大賞を受賞した。

Text:仰倉あかり
Photo:横山隆俊(EGG STUDIO)